PCP|椰子・蘇鉄会
Forum
since.2007-4-11
ID.
PW.

Home

$myid|ヤシ農園実現に向けて・・

Contact

椰子(ヤシ)学名頭文字
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z 椰子ランキング
蘇鉄(ソテツ)学名頭文字
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z 蘇鉄ランキング



ヤシ農園実現に向けて・・
Date.2007/04/24 (Tue) 12:24
From.COCO(千葉県|男性)

Mixiでのパンナさんのコメントにもありました「ヤシ農園」
私もひそかに憧れています。
実際運営するには広大な土地と費用がかかるかと思いますが、とりあえず実現するにはどのようなリソースがあればできそうかということを考えてみませんか?

どのような気候のロケーションで、どの程度の広さが必要で、資材としてはどのようなものが必要か?

なんてことをシミュレーションしてみるのも楽しそうです。

本物のヤシ農園
Date.2007/04/24 (Tue) 12:28
From.COCO(千葉県|男性)

ちなみに本物のヤシ農園はこんな感じのようです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~yokoen/

一度見学に行ってみたいものです。

> ヤシ農園
Date.2007/04/24 (Tue) 14:01
From.KEN(島根県|男性)

すごく憧れます。
ヤシに囲まれて、ヤシに携わって生活できたら最高ですね。

洋香園には一度行きましたが、もの凄い量が栽培されていました。
宮崎という土地柄(県木がフェニックス)あちこちにカナリー、ココス、ワシントン、ジョオウ、ソテツ…が植栽されており、洋香園が植栽〜管理しているようです。
木々の販売だけでは、ヤシの成長速度や販売単価からして経営は成り立たないでしょうから、街の植栽や全国のテーマパークの造園といった仕事が重要かと。

育成〜販売だけでは、その年月や商品単価からして経営はむつかしく思われ、植物園というスタイルがいいなぁ〜なんて想像しております。
室内管理であれば、土地柄は関係なくなりますし、来園者にうんちくを語って1日を過ごす…。
もしかすると、退屈な日々かも知れませんが、やっぱ憧れます。

ですね!
Date.2007/04/24 (Tue) 19:37
From.アホボン(福岡県|男性)

COCOさん
楽しい 提案ですね 
わくわくします。
場所は やはり 南の島?
沖縄 石垣 はたまた 八丈島?
生産するヤシの種類にもよると思いますが、少なくとも300坪ぐらいは無いと 難しいでしょう。
造園用を生産するのでしたら もっと必要ですし
運搬用のユニック車も要りますね。
発送などのことを考えると 島より 本土のほうが便利ですよね。。。
その場合 地温が高い 温泉地なども候補になるのでは?
また 国内は地価もそれなりに高いので 海外に土地を購入して 種を採取して輸入販売するとかも 面白いし
。。
いろんな 楽しい想像が出来ますね。

KENさんの コメントは実に 具体的な分析がされてますね。真剣に考えたことがあるからでしょうか?(ヤシに携わった生活を)
確かに ヤシの木を販売するには 需要の問題と 生産性と価格が合わないので メンテナンス 造園およびレンタルグリーンを 併業しなくては難しいと思います。
植物園の案 良いですね〜 来園者にうんちく言ってのんびり ヤシの水遣り 種を取っては 発芽させて育てて。。なんか 年寄りくさいですが 憧れます。
趣味を仕事にしたくなるのは みな同じと思います。
われわれも 協力し合って ヤシ園 ヤシ業 ヤシ植物園 が運営できると良いですね。
ちなみに 福岡でも洋香園さんの 車が ビロウやしを運んできていました。  

ヤシ農園
Date.2007/04/24 (Tue) 21:26
From.COCO(千葉県|男性)

想像するだけでも楽しいですね。
苗を育てるのに温室なども必要かもしれません。

植物園というのはいいですね。

以前見学に行ったことのある、広島の(株)サタケの温室なんかは規模的にも理想的なものです。
やはり企業の創業者になって、企業メセナの一環として温室を作るというのが手っ取り早いのでしょうか?

佐竹氏は、企業経営の傍らヤシ・ソテツ研究をされていたということらしいのですが、頭が下がります。


寒い地方が盲点かも!
Date.2007/04/24 (Tue) 23:46
From.KEN(島根県|男性)

私の住む島根県や、隣の鳥取県は、山陰地方(山の陰と書きますので、イメージ暗い!)といい、街の植栽は松やケヤキが殆ど(全てといってもいいでしょう)で、南国リゾートの気配は「ゼロ」です。

海岸線や、気の利いた施設であれば、カナリーやワシントンぐらい植栽されていてもいいのですが、全く「ゼロ」です。
ここ1〜2年、県内はしらみつぶしに探しましたが、その気配は全くありません。

既にヤシ好きにとっては、カナリーやワシントンは今更珍しいものではなくても、我が県民はその存在すら知らないことでしょう。

そういう観点からすると、かえって温暖な地域より、東北や北陸といった地域でのヤシ園(植物園)や、ヤシそのものの販売が面白いマーケットになるかも知れませんね。

機会があれば、地域のフリーマーケットに「ヤシ店」を出店してやろうと計画してます。搬入が大変そうですが…。

>フリーマーケット
Date.2007/04/25 (Wed) 12:26
From.COCO(千葉県|男性)

フリーマーケットに「ヤシ店」を出店するというのは面白いかもしれませんね。

ポット苗を並べて、育成方法や成木になった状態の写真などを並べておいてイメージを膨らませて販売する。

「あなたのベランダでもヤシの木が育てられますよ」なんてフレーズでもつければ、なんだか夢がふくらみますよね。

最近はやっていないのですが、以前陶芸を少々やっておりまして、またはじめられた暁には、自作の鉢に植えた状態で販売するのもいいかもしれません。

我が家の近所でもフリーマーケットは盛んなのですが、基本的に衣類や貰い物の生活雑貨などがほとんどですので、そんな中で開催できたら注目されること間違いなさそうです。

ヤシ農園
Date.2007/04/25 (Wed) 22:10
From.バンナ(愛知県|男性)

初カキコです。
ヤシを色んな種類栽培してきて結局日本の寒さに合わずに枯れてしまった物が殆どです。
ずっと、育てて思ったけど日本の寒さに耐えるヤシが一番だと思いました。
バイオ技術の発展でココヤシを耐寒ヤシに出来るならそれだけで事業が可能でしょね。
ヤシ農園は、仕事の傍らでやらないとこれだけでは経営は難しいかもしれません。
ヤシ農園プラス熱帯植物園なら珍しいヤシと植物で客足が増やせるかもしれません。
ヤシの木は、県や市や会社、テーマーパークを相手にするのが一番ですね。
成木にするまでの時間が最低でも10年は掛かります。
始めは趣味程度から始めたいですね。
どこか安〜く土地を貸してくれるか安い土地が有れば一番です。
全国からヤシ好きを集めて会費、年会費を頂き管理してりんごの木のオーナー制度が有る県のニュースを以前聞きましたがヤシの木1本1本のオーナー制度売れたらオーナー還元なんていいですね。
出資者を集めれば安い会費でも人数集まれば大きな金額になると思います。


なるほど〜
Date.2007/04/25 (Wed) 22:28
From.アホボン(福岡県|男性)

>全国からヤシ好きを集めて会費、年会費を頂き管理してりんごの木のオーナー制度が有る県のニュースを以前聞きましたがヤシの木1本1本のオーナー制度売れたらオーナー還元なんていいですね。
出資者を集めれば安い会費でも人数集まれば大きな金額になると思います
そうですね いきなり 大きな資本も オーナーもいなければ この方法だと面白いですね!
ただ 出資していただいて 管理中に枯らしてしまったときのことを 考えたりしなくては ならないでしょうね。
KENさんのおっしゃるとおり 雪国には ワシュロ など 耐寒ヤシを すすめていくことは ビジネスチャンスですね。

ワシュロ
Date.2007/04/25 (Wed) 22:46
From.COCO(千葉県|男性)

ヤシ農園の話題からは外れますが・・・

ヤシに興味を持ち出してから、地方をドライブしていると、庭木にシュロの木(ワシュロ、トウジュロ)を植えている家庭をよく見ます。

そんなに新しい家ではないようなので、昔からある家なのでしょうが、地方によってはほとんどの家庭の玄関先に立派なシュロの木が植えられているケースを良く見ます。

となりのトトロに出てくるメイとさつきの家にもシュロの木が植えられています。
(DVD等で見る機会があったら見てみて下さい)

過去にシュロの木を庭木に植えるブームがあったのでしょうか?
現在の流通ルートにシュロの木があるのは見たことがありません。


シュロの庭木について
Date.2007/04/27 (Fri) 12:50
From.COCO(千葉県|男性)

シュロの庭木について少し調べてみました。

ヤシ科の植物はいろいろな用途で利用されていることは、別コミュでも触れられていますが、シュロの木も例外ではなかったようです。

昔はシュロの幹に生えている「シュロ毛」を使い、縄を編んだり、蓑を作ったりをそれぞれの家庭で行っていたようですね。

そんな実用的な植物だったようです。

シュロ毛は耐水性も強く、腐ったりしないため、いろいろな用途に使用されていたようですね。

> シュロ
Date.2007/04/27 (Fri) 12:57
From.KEN(島根県|男性)

先日、妻の実家へトウシュロを持参した際「昔はシュロの葉をハエタタキに使ってた」と義父さんが言ってました。
確かに形からすれば使えそうですが...本当かどうか?

なにやら楽しい話題ですね。
Date.2007/04/30 (Mon) 00:57
From.まいまい

僕もヤシで食えたら楽しいだろうなあと良くおもいますが、オマンマ食べるだけの稼ぎは相当きびしともおもいます。
現実的なのは、商社にでも入ってヤシ油、コプラの生産や加工に携わることでしょうか。
でもそれって、夢もロマンもないのでつまんなそう。

特殊な効能を持つヤシもメジャー以外でもたくさんあるので、それらをうまく世間に紹介すればあるいはブームになるかも・・

農園の件は、耐寒性があるヤシは案外多いので、加温しなくてもビニールハウスさえあれば、栽培自体はなんとかなりそう。
ネックは、低温よりも低温と湿潤が組み合わさったわが国の天候と、ヤシの成長の遅さでしょうか。
タイム風呂敷でもない限り、商売にはなりませんねえ

素敵な話題ですね
Date.2007/04/30 (Mon) 02:13
From.えふ(日本外|男性)

ジャカルタで生活し始めて約2ヶ月半のえふです。

当地は人件費が安い(ジャカルタ特別市の最低賃金は月約1万3千円です。)ので
肥料遣り、水遣り、出荷などには向いていると思います。

一番の問題は、植物検疫と輸送日数が掛かる事です。

土を綺麗に落として代わりに人工土壌代替物で水分補給しながらどのくらいの期間、耐えられるでしょうか。

インドネシアからだと貨物船で約7〜10日間掛かります。

距離と日数だけなら海外では台湾がベストと思うのですが、
さすがに人件費が高いと思います。

人件費の観点では、ベトナム、フィリピン、インドネシアのいずれかでしょうか。

やはりタイムふろしき欲しいですねぇ
Date.2007/05/01 (Tue) 08:55
From.COCO(千葉県|男性)

>えふさん

こんにちは。こちらもご覧頂けたようでありがとうございます。

やはり海外から植物を輸入しようとすると検疫の問題がありますよね。

海外の気候で育っていたものをそのまま日本の露地に植えて育つかどうかも不明ですし・・

まいまいさんの言うように、タイムふろしきが欲しいですねえ。


Res(返信)フォーム ※印項目は入力必須です。
お名前
所在地
性別
メール
URL
タイトル
コメント TAG入力不可。フォーム幅で強制改行されます。
パスワード 記事の編集・削除時に使用
画像(1)
画像(2)
画像(3)

卑猥な写真や言葉など公序良俗に反する表現・写真・イラストを掲載する行為、個人・企業・団体を誹謗中傷する内容の投稿は厳禁です。


椰子ランキング A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
蘇鉄ランキング A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

ヤシ・ソテツ栽培FAQこれ何?教えて不明ヤシ身近で見つけたヤシ原料の製品発見!絶景!椰子・蘇鉄スポット
私の好きなヤシ紹介種から育てる!実生報告こんなん枯らしました...(T_T)談話室・フリーテーマ
PCP(椰子・蘇鉄会|ヤシ・ソテツ会) Copyright © PCP(椰子・蘇鉄会|ヤシ・ソテツ会)All right reserved.
This site is linkfree..! / 当サイトはリンクフリー(リンク大歓迎)です。
PCP(椰子・蘇鉄会|ヤシ・ソテツ会)
Script by p.ink